ロードバイクと自転車保険

ロードバイクの注意点

事故を起こしやすいロードバイク

最近よく、ロードバイクに乗っている方を見かけます。ただ、スピードを出しやすいロードバイクは、事故を起こしやすい自転車であることも事実です。もしこれからロードバイクを入手するなら、交通事故の危険性について知っておいたほうがよいでしょう。

もし自転車に関する法律の制約を守らずに事故の加害者になった場合は、多額の倍賞金を背負うことになりかねません。ロードバイクを入手したら、不測の事態にそなえて自転車保険に加入することをおすすめします。自転車保険の料金は年間数千円と、それほど高額ではありません。余裕があれば、盗難保険への加入も検討するとよいでしょう。

ロードバイク乗車中に特に気をつけたいのが、車との接触事故。自転車は車と同じ「車両」扱いであり、車道を走るのが基本です。また、スピードを出せるロードバイクは、とりわけ車道を走る機会が増える傾向にあります。車道を走る回数に比例して車に巻き込まれる危険性が高まることは、想像に難しくないでしょう。

ロードバイクと車との接触事故が特に多いのが、交差点です。車と並走して交差点を左折すると、車の内輪差に気づかずに接触してしまう危険性があります。特に、トラックなどの大型車は内輪差が大きいので、交差点で巻き込まれないように充分気を配らなければなりません。

交差点以外でも、大型車の近くを走る際は走行に注意が必要です。大型車は死角ができやすく、小さなロードバイクは見落とされてしまいます。あなたが乗る自転車に気づかず、大型車のドライバーが幅寄せしてきたらどうなるでしょうか?車道を走る際は、なるべく大型車の横は走らないようにしましょう。

基本的に「車のほうが避けてくれる」と思ってはいけません。自分の身は、自分で守る用に心がけましょう。周囲のドライバーの様子を確認する癖をつけると、事故の防止に役立ちます。

余裕があれば、ドライバーとの目線合わせによるコミュニケーションにも挑戦しましょう。ドライバーと目線を合わせるだけでもかなりの意思疎通ができるものです。この目線によるコミュニケーションは、ほかの自転車や歩行者との接触回避にも役立ちます。

以上のポイントに気をつければ、ロードバイクの事故の危険性はかなり低くなるでしょう。ただ、どれだけ気を配っても、事故が起きる可能性はゼロにはなりません。自分が事故の被害者や加害者になる可能性は、なくならないのです。

そのため保険に加入するなどして備えることはとても重要なのです。

Copyright © ロードバイクの注意点. All rights reserved.