ロードバイクと自転車保険

盗難防止方法をマスター

自転車の自己管理が大切

ロードバイクを手に入れたら、愛車の盗難防止策を徹底しましょう。窃盗犯に盗難の隙を与えないことが、防犯の要点となります。ぜひ一度、窃盗犯の視点に立って考えてみてください。どんな状態の自転車が盗みやすいかを想像すると、効率的な盗難対策法が見えてきます。

窃盗犯は、盗みに伴うリスクを回避したがるものです。そのため、手早く盗めそうな自転車をターゲットにすることがほとんど。具体的には、鍵がかかっていない自転車がターゲットになります。壊しやすい鍵がついた自転車もターゲットになりやすいので、鍵選びには気を配りましょう。

壊しやすい鍵として挙げられるのが、細いワイヤーロック。安物のワイヤーロックは、ものの数秒で切断されてしまいます。このほか、プレスキータイプの鍵も簡単に壊される可能性大です。自転車にかける鍵は、多少高額でも頑丈なものを選んでください。いかにも壊しにくそうな太いチェーンロックなら、窃盗犯を敬遠させる効果を得られます。

ただし、いかに頑丈な鍵もかけ方に工夫がないと、本来の力を発揮できません。単純に自転車本体に鍵をかけるだけでは、盗難対策として不十分です。自転車を駐車する際は、ポールや電柱などに絡める形で鍵をかけるようにしましょう。これに加えて、着脱しやすいタイヤとフレームをワイヤーロックで固定するとベターです。

次に、自転車が盗難されやすい置き場所について考えてみましょう。もしあなたが窃盗犯だったら、人目につかない場所にある自転車を狙うのではないでしょうか。逆にいえば、目立ちやすい場所に置いた自転車は、盗まれにくいということです。外出先での駐輪場所および、自宅での自転車の保管場所には人目につきやすい所を選びましょう。

最後に、自転車の盗難防止に役立つ「自転車防犯登録」の重要性について述べておきます。自転車防犯登録への加入は、自転車所有者の義務です。盗難にあった場合に手元に自転車が戻りやすいという点も踏まえて、確実に加入しておきましょう。自転車防犯登録のシールが、盗難を抑止してくれる場合もあります。

なお、自転車の所有者あるいは所有者の所在地が変わる場合は、防犯登録の変更が必要になります。登録の変更には「自転車防犯登録カード」が必須。ロードバイクを手に入れたら、保証書とともに自転車防犯登録カードもしっかり保管しておきましょう。本記事の内容が、みなさんの自転車管理に役立てば幸いです。

Copyright © ロードバイクの注意点. All rights reserved.